MENU

【仕事の話】新年度、新入社員を迎える上で気を付けるべきこと3選

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルは、

 

新年度、新入社員を迎える上で気を付けるべきこと3選

 

です。

 

f:id:mss03100:20210405003936p:plain

 

 

4月というのは年度のスタートということもあり、人事異動も多くあれば、新入社員が新しく仲間に加わるシーズンでもありますよね。

 

今回は、新たに新入社員を迎える上で、これやっちゃうとちょっとなぁ。。。と私なりに思う点を3つご紹介したいと思います!

 

 

迎え入れる側の皆様はそのまま読んで頂けたらと思いますし、新入社員として新たに入社される皆様は、『こんな先輩には気をつけろ』って目線でご覧頂けたら面白いんじゃないかなと思います。

 

 

 

では早速参りましょう。

 

 

 

 

 

 

①あんたは言うほど偉くない。先輩面はやめましょう。

 

 

いますよね。先輩面する人。

 

正直、新入社員もバカではないですから、「うわぁ、先輩面してきたよ。。。」ってちゃんと気が付きます。それと同時に、逆に舐められることだってあるでしょう。

 

 

私自身、結構誰とでも接することができる雰囲気は見せつつも、心を許すまでは割と警戒するタイプで、なかでも『わからないことがあったらなんでも聞いてね』って言ってくる人、「うわぁ。。。」ってなっちゃう人です。

※性格悪いですよねごめんなさいw

 

 

いや、この一見優しそうなフレーズでも、よく読んでみてください。

 

 

 

 

『わからないことがあったらなんでも聞いてね』

 

 

 

 

って言ってるんです。これ、受け身なんですよ。

 

 

 

本当に頼れる人って、困っているオーラとかをちゃんと感じ取って困ったときに声をかけてくれるんですよ。

 

 

 

私自身、職場のロケーションの問題で、自分のアンテナで気が付ける人とそうでない人(違う事業所にいる人など)がいるので、そういった場合は、事業所で頼れる先輩を紹介してもうコンタクト取らせます。笑

 

 

 

優しい気持ちで何気なく発言していることも、私みたいに性格悪く受け取る方もいるっていうことを、少しだけ気にかけて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

②距離を近づけすぎないこと。ラインなどのプライベートゾーンには細心の注意を払ってコミュニケーションしてください。

 

 

 

 

これ、要注意です。

 

 

基本的に、今の日本の法律は厳しいです。

 

 

本人が求めてもないのに使用ケータイの連絡手段などを一方的に提供した結果、連絡を行った側にその気持ちが無かったとしても、ストーカー被害で訴えられてしまう世の中です。

 

 

現在、リモート化もどんどん進んでいることもあり、従業員にもどんどん会社ケータイが付与される傾向が強いです。

 

 

その中で、「困ったときに連絡が取れるように」とラインを教えてきたり、グループラインに招待されたり、いやぁ、たまったもんじゃないです。

 

 

 

 

風通しのいい職場とか、アットホームな職場とか、この言葉の意味合いを勘違いしている人ってたくさんいますので本当に気を付けていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、最近の職場ハラスメント問題で一番耳にするワードは「ライン」だそうです(弁護士談)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③否定しないこと。指導方法は様々でも、「否定」から前を向けることはなかなか難しいです。

 

 

 

 

もう皆までいう話でもないと思いますが、みなさん、否定するの、やめましょう。

 

 

話を途中で切らずに、最後まで聞きましょう。

 

 

社会人なったばかりの人に、「短く確実な報告」とか、「一回で仕事を覚える」とか、いやいや、無理ですって。

 

どんだけ緊張していると思っているのよって話です。

 

 

 

この手のたちの悪い人たちアルアルなのですが、決まって「自分の昔の話」をします。

 

 

 

 

『僕が若手の頃はこんなに優しくなかった』とか、『俺が若手の時にはこんなに●●じゃなかった』といって、呆れるほどのパイセンマウンティングを取ってきます。

 

 

 

 

 

そうですね。

無視するのは流石にハードルが高いと思うので、心を無にして「そうなんですね、頑張ります」とだけ言いましょう。

 

可もなく不可もない回答で十分です。

 

たぶんこうやってマウントを取るような方々には、既に会社にも居場所がない方が多いので、うまく省エネで立ち回ってください。 

 

 

 

迎え入れる側の皆様、ダメ、ゼッタイ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

相手の期待と不安を分かち合って、その心の中身を尊重できる人を目指したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

 

隅田