MENU

「頑張りを当然と言うな」「イメージとか強制するな」

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

本当に、ちょっと、刺さりましたね。

 

たぶん昨日から100回くらい聞いてます。

 

 

 

この曲は、

HoneyWorks(通称:ハニワ)のNEWアルバム

告白実行委員会 -FLYING SONGS- 愛してる」の収録曲です。

 

この曲のメインキャラでもあるmonaちゃんってアイドルにスポットを当てた曲なのですが、このmonaちゃんがアイドルに対する「誇り」や「決意」を歌にしたものですね。

 

 

 

 

この歌の中に、

 

 

バカにする奴は嫌いだ

見下されるのも嫌いだ

”アイドルなんか”という言葉を

見てもいないくせに言うな

 

頑張りを当然と言うな

イメージとか強制するな

”アイドルなんか”という言葉は

この世で一番大嫌いだ

 

 

という歌詞があります。

 

 

 

これ、アイドルという言葉を皆さんのご自身の職業であったり役職であったり、自分自身でもいいです。

 

その言葉に置き換えたら、なんかすごい心が清々しくなった。笑

 

 

この歌のいいところって、好きを好きって表現するんじゃなくて、「嫌い」という言葉にこだわっているところに特別なパワーがあるのかなと思って。

 

 

 

 

私自身、

 

 

 

 

お前はいつも元気そうだね。

 

いつも笑ってるね。

 

余裕そうだからこれもお願いしていい?(これはちょっとムッとした)

 

笑ってる余裕あるならもっと頑張れよ。(これは流石にキレた)

 

って、表に出してるイメージばかりで会話が進んでしまうことがあります。

 

 

 

 

私だって、たまには休みたいし、

 

 

 

休みたいけど、

 

 

 

つねに頑張らないといけない環境がそこにあって、

 

 

 

ギブアップが言い出しにくい環境もまたそこにあって、

 

 

 

 

なんか、つねに頑張ってる、つねに元気、つねに前向き、つねに、、、そういうイメージに縛られてる部分もあるなぁって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただね、本当に休みたいかって言ったら、違うんですよ。

 

 

勝手に限界決められたらイラっとするし、

 

 

誰かを救いたいし守りたいし助けたいし社会のためになることしたいし、私にも前に進まないといけない理由があるわけで。

 

 

ただそれを、お前らのイメージで勝手に決めんなよって話なんですw

 

 

 

 

あかん、今日、語彙力がwww

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、何が言いたいかっていうと、『嫌い』という言葉を聞いてここまで前向きになれたのは初めてだったので、みなさんとシェアしたかった次第です。

 

 

 

 

 

みなさん、無理せず、気楽に、自分が生きたいように生きましょうね。

 

 

 

 

あと、決して個人の価値観で『●●なんか』って言葉は、とても悪い意味で凶器となってしまいかねないので、気を付けて頂けたら幸いです。

 

 

 

 

みなさん、一人ひとり、人生の中で形成された価値観があります。

 

 

 

私であったら、まさにバレエは死ぬまでともにあるかけがえのない存在ですが、会社とかで『まだバレエなんかやってんのかよ』とか言われたら、たぶんもうその方と口聞かないです。

 

 

 

 

この歌にもあるように、その方にとって、周りには見えない苦労や経験があります。

 

 

イメージとか先入観、見た目とかじゃなくて、もっと愛と思いやりをもって接しようと心に決めた隅田さんでした。

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

 

 

隅田