MENU

【自分の弱みを大暴露】自分の会話のクセ 「言いたいことが纏まっていない時ほど途中で話をすり替えてしまう」

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

今日のタイトルは、

 

【自分の弱みを大暴露】自分の会話のクセ 「言いたいことが纏まっていない時ほど途中で話をすり替えてしまう」

 

でございます。

 

 

 

f:id:mss03100:20210309182511p:plain

 

 

 

最近、ご存じの方も多いのですが、私自身、めちゃめちゃユーチューブの配信に力を入れてます。

 

そこで、動画を投稿するにあたり『編集作業』を行うのですが、そこで大きな気づきがありました。

 

 

 

 

 

自分の話に一貫性が無い時がある

 

私が配信する主なコンテンツの一つとして「対談」動画が挙げられますが、これはもう完全にトークが勝負です。

 

いろいろとトークを盛り上げるために演出を加えたりしますが、あくまで料理でいうところの調味料なので、メインは「トーク」です。

 

そこで、キッパリと言ってしまうと、話が旨ければウマいほど、編集作業というのがめちゃめちゃ楽なんですw

 

 

それと同時に結構その編集を阻害している主な要因のひとつが「自分」にあるということに幸いにも気が付けました。

 

 

 

具体的には、

自分が言いたいことを相手に伝える際、言いたいことが固まっていないと、頭の中でそれを補うべく、別の話を持ってきてしまうんですね。

 

その結果、別の話の結論を結びつけようと頭を使って、そもそもの話から脱線してしまう、最終的には、、、「で?何が言いたかったの?」みたいなことに複数回遭遇したんです。

 

 

まぁここまで極端ではありませんが、いろいろと思い返してみると、仕事でもたまにやらかしてしまうなぁと改めて反省しました。

 

 

 

 

 

 

 

話はシンプルに。欲張らない心がけが大事。

 

 

結論言います。

 

もっと言いたい事絞って、欲張らずにいこう。

 

と思いました。

 

 

社会人になってだいぶ頭の中でストーリーを構築し、論理的に話を組み立てる能力は伸ばせている自覚はありますが、いろいろな人と携わる中で、『言いたいことを言い切る必要は決してない』ことになんとなく気が付けている自分もいます。

 

 

話の上手な人って、決して一回の自分のターンでの尺ってそこまで長くないんですよね。

 

それ以上に、相手との対話の回数を重ねるほど、どんどん料理が美味しくなっていくイメージに近い気がしました。

 

一人でしゃべるときっていうのはまたケースが変わってきますが、相手としゃべるときは時に今後気を付けていきたいなと思います。

 

 

 

 

 

最後に、以前投稿したブログに対して、友人が「おれの会話のクセってなに?」って聞いてくれたということがありました。

 

 

www.thankyou-bdbw.info

 

 

 

これ、ほんまにすごいなぁ。弱みを人に聞けるって、ほんまにすごいなぁ。と感心した次第です。ちゃんと本人にもお伝えしましたけどね。笑

 

 

私もそういうところを見習って、自分の弱いところを纏めさせて頂きました!

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

今日という一日に、ありがとう。

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

 

隅田