MENU

切り取った情報を鵜吞みにして暴力に変えてしまうこの世の中を変えたい。~ 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 森会長の辞任を受けて~

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

今日のタイトルは、

 

切り取った情報を鵜吞みにして暴力に変えてしまうこの世の中を変えたい。

 

でございます。

 

 

 

 

 

早速ですが、こんなニュースがありました。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

 

いやぁ兼近さん、本当に適格な発言だと思います。

 

今回、東京オリンピックパラリンピック組織委員会会長の森さんが辞任されるということに対して、切り取った情報(所謂、女性に対する発言です)をそのまま鵜呑みにして、自分は安全なところから石ばかりぶつけて、より良くすることが目的だったはずが、攻撃をすることが目的になっちゃってる。

 

ということを発言されていました。

 

重ねて、この方の発言の全文を、いったい何人見たのか、その上で発言されている人がどれだけいるのかっていうところにも指摘をされていました。

 

 

 

 

 

 

この、私が切り取ったニュースの記事にしたって、

 

兼近、森会長辞任、『偉そうなジジィ降ろしてやったぜ』

 

という言葉だけを摘まんで、あたかもディスっているような悪しき演出を考えている人もいるのかと思うと、正直虫唾が走ります。

 

兼近さんって、チャラそうな印象であったり、誰とでもフランクに話す「軽さ」を一見売りにしているようにも見えますが、あの人の本当に売れている理由って、兼近さんの人柄であったり、芯の通った部分であったり、そういった人間性だと思うんですよね。

 

ですので、絶対に森会長をジジィって発言するはずないですし、そういった誤解を招く切り取り方を『数字のために』行う行為って、本当に考えさせられます。

※決して、この記事に対する不満ではございませんのでご注意ください。

 

 

 

 

 

この方の発言自体は許されるものではありませんが、

 

『あっニュースみた?森会長のやつ。』

 

「もうあれほんとうに老害だよね、信じられない。」

 

みたいな会話を日常でたくさん繰り広げられているかと思いますが、私自身、それもほぼ同じ話なのかなぁと。

 

発言するなら、その言葉のリスクであったり、責任であったり、なにより『事実』が何かを掴んだうえで発言頂きたいです。

 

 

いやいや国民たかが一人だし。って思う方は、そもそもその考え方から改めて頂けたら嬉しいなぁと思います。

国の先頭に立つ人を決めたのは我々ですから。やっぱり国民の意識自体を変えていかないと、国全体の風土って、ゼッタイに変わっていかないと思ってます。

 

 

 

 

職場においても、プライベートにおいても、時代が便利になっていくにつれて、情報が良くも悪くもスリムになってしまい、かつ入手しやすいものだから、どんどん発言に重みが無くなってしまう。リスク管理ができなくなってしまう。事実を見失いやすくなってしまう。

 

 

 

 

 

少なくとも、家族や、身の回りの友達であったり、職場の仲間たち、信頼している方々、お客様に対して、良かれと思った行動や言動が、こういった事態に陥ってしまうリスクも考えて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

 

隅田