MENU

【仕事の話】在宅勤務、テレワーク 年内ラスト終わりました。(雑談)

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

今日のタイトルは、

 

そうです。在宅勤務です。

 

 

年内ラスト(といっても来月以降も続きますが)終わりました。

一区切りというやつですね。

 

 

 

在宅勤務がはじまった当初は、思えばいろいろブログを上げてましたね。

 

 

 

 

これは在宅勤務をやりはじめたときの感想。

 

www.thankyou-bdbw.info

 

 

 

 

そしてこれは、ある程度在宅勤務をやりこなしてきたあたりでの経過報告ですね。

 

 

www.thankyou-bdbw.info

 

 

 

 

 

こうやって見ると、ブログやってていいこともあるなぁとしみじみ実感します。

 

当時どんなことを思っていたのか、そしてその考え方、心境の変化を客観視できるのはめちゃめちゃ有難い。

 

 

 

そしてまぁ現在はこの点についてどう思っているかというと、

 

『テレワークだから仕事の効率が落ちるって口癖になっている人に対して、その要因はなにか、どうしたらパフォーマンスを上げられるのか』というのをあらゆる観点で考え伝え回ってます。

 

 

 

 

最近この手の解析でめちゃめちゃハマったのは、テレワークを「心理学」と「脳科学」から解析を行う、というものでしたね。

 

 

ZOOMでのウェビナーに参加した際に、特別講演をされていたのが、リコー研究所の方で、とにかく話が面白かったです。

 

 

 

話の一部をご紹介すると、心理学の観点からみたテレワークの視点についてご紹介します。

 

 

 

 

テレワークと在宅勤務って、微妙に意味合いが異なるのですが、会社によってはあえてロケーションを「家」に限定している会社さんもあるそうですね。その場合、テレワークというより、在宅勤務という言い方をします。

 

 

テレワークは、会社というロケーションに固執することなく、カフェであったりサテライトオフィスであったり、ご自宅であったり、あらゆる環境下でお仕事をする、いわばノマドワーキングみたいなやつですよね。

 

 

私自身無意識でしたが、在宅勤務をしていると、基本は一人ですし、「誰かの目」というのが一切ありません。

 

 

ですので、一人で集中して行う作業については爆発的に効果を生みましたが、いろいろとコミュニケーションを必要とする仕事や、誰かと話し合った方が捗るような仕事については正直うまくいきませんでした。

 

 

 

 

 

また、在宅勤務だと個人のパフォーマンスに結構ムラが生じてしまうこともありましたね。そういうときは、思い切ってコーヒーを買いに行きがてら場所を変えてみたりすることで、心身入れ替えてエンジンをかけ直していたりしました。(≒ホーソン効果

 

 

あとはあれです。何気ない事務所での会話がなかったり、一日の情報量が無意識のうちに少なくなってしまったりで、ブログネタに困ることもありました。

確かに、事務所にいたらいろんな情報が飛び交っているので、無意識のうちにも自分がアンテナを張ったことに対してはインプットしていたり、出社しているときの方が「学び」の量が多かったんですよね。(≒カクテルパーティー効果

 

 

 

更には、新入社員がなかなか組織に馴染まなかったり、教育が思うようにいかなかったりと、ロケーションが分かれてしまう問題などにも実際にぶちあたりました。(≒ザイオンス効果、バンドワゴン効果

 

 

 

 

 

とまぁ、今、何気なくカッコ書きで補足しましたが、この赤文字が心理学で当てはまる効果となってるんです。

 

 

 

 

私自身、これが当てはまるのがすごいってことを言いたいのではなくて、皆さんが抱える業務内容であったり、内部コミュニケーションで抱える問題点に対して、これらの法則性をうまく活用すれば、テレワークの解決すべき問題点、そして課題抽出に圧倒的につなげやすくなるということをお伝えしたいです。

 

 

 

テレワークを導入する企業の大半が、テレワークを導入することがゴールになっている印象を受けます。

 

 

 

もちろん、導入当初はそれどころではなかったでしょうけれども、これからの時代を生きていく一つのツールとして、この良い点、悪い点を冷静に解析し、業務効率化に繋げていただきたいなと願うばかりです。

 

 

ぶっちゃけ、職場よりも在宅の方が効率がいい人もいますし、真逆の人がいます。

 

 

その人たちのパフォーマンスの要因をしっかりと解析し、業務内容をコントロールしたり、在宅の頻度をコントロールしたり、コミュニケーションの方法を工夫したりして、うまく向上へとつなげていただきたいです。

 

 

 

 

私もたくさんのことを学びましたので、改めて今度纏めてみたいなと思います。

 

 

 

 

 

ではでは、このブログが少しでも改善のきっかけになったら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?クリスマス?

 

 

 

 

 

 

平日ですけどなにか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

☆メリークリスマス☆

 

 

 

 

 

隅田