MENU

『お前の気持ちはわかるけど』という言葉が、「どれだけお前の気持ちがわかっていないのか」がよく分かった話

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルは、

 

『お前の気持ちはわかるけど』という言葉が、「どれだけお前の気持ちがわかっていないのか」がよく分かった話

 

でございます。

 

 

 

 

 

みなさんは、「お前の気持ちはわかるけども、、、」みたいな言い回しってよく使われますか?

 

私は少し前まで使っていたのですが、個人的に「守っているようで無責任な表現」ともとれる言い方に感じてしまってからは使っておりません。

 

今日はその言葉が改めて「わかってねぇなぁほんまに。」と思った話をシェアさせていただきます

 

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=

 

 

 

 

場所は某コンビニです。

7月11日と書いて、某コンビニです。

 

『ありがとうございます!「セブンイレブンやないか」という突っ込みを頂きました!』(ミルクボ●イ風に)

 

 

まぁその日は映画も見終わった後で、特に思いやりに溢れた心持ちで入店したのですが、なにやらお店がざわついておりました。

 

高齢のおばあ様が、ひたすらにバナナを選別して「どれにしよう」と悩んで、選んでは戻して、選んでは戻して、、、を繰り返していたんですね。

 

若い20歳くらいの店員さんは、多少困った表情をしながらも、「何かお困りですか?」と優しく応対している様子でした。

 

ちょうどそのとき商品の仕入れのタイミングで、その棚に新しい商品を陳列しなければいけないタイミングだったそうなのですが、少し離れたところで、なにやらガミガミとヘイトを吐いている人がいました。マスクもせずに。

 

 

ちらっと聞こえた会話から分かりましたが、たぶんその人は店長です。

(大型チェーンのブランドを背負っているのですから、ちゃんと身なりを整えて着古したシャツではなくユニフォームを着用してほしい。)

 

 

 

その店長がどうしてもそのタイミングで例のバナナのゾーンの陳列を終えたかったのか、どのバナナにしようか悩んでいるおばあ様を「お店忙しいんでね!どいてくれるかな!」と一蹴。

 

その直後に若いスタッフに対してこう言いました。

 

 

 

『お前の気持ちはわかるけどさ、それはちげぇだろ!』

 

 

 

 

 

 

正直、意味が分かりません。。。

 

 

百歩どころでは譲れませんが、譲ったとして、優しく見守るのもいいけど優先することはあるだろうってことが言いたかったのだと思います。

 

 

いやいや、何もわかってないだろ。。。

 

 

本当に割って入ろうかと思いました。

 

 

絶対にその子は納得していないだろうし、じゃあどうしたらいいのか、一切答えも出ていないし、そんな冷たい心の方に教わりたくもないと私なら思います。

 

 

困っていることがあって一緒にいたのかもしれないし、気を遣ってその場に留まってくれていたのかもしれない。

 

 

どうしてそういうナイフで突き刺してしまうような酷いことが言えるんだろうなと、、、

 

 

 

 

 

 

という話でした。

 

 

 

 

 

この話にも正解はないと思いますが、『お前の気持ちはわかるけど』と使うときには、「俺だったらこうする」とか「この部分にはすごく共感した」とか、相手の気持ちを尊重することを心掛けていただけたら嬉しいです。

 

 

決して、相手の思いやりを投げ捨ててしまうような、そんな冷たい言葉を言い放つことのないような、そんな優しい世の中でありますように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

隅田