MENU

【仕事の話】やっぱり本気(とかいてマジと読む)と本気が通じ合ったときが仕事で1番楽しいと思える瞬間である

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルは

 

【仕事の話】やっぱり本気(とかいてマジと読む)と本気が通じ合ったときが仕事で1番楽しいと思える瞬間である

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、もう説明不要だと思います。

 

 

働いてる職場によってばらつきがあると思いますが、少なくとも、わたしが働いている職場に限っていうと、仕事に対して『本気』の人と比べて、圧倒的に『そうでない』方の方が多いのがぶっちゃけた現状です。

 

 

 

その中でもね、やっぱりいらっしゃるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気(と書いてマジと読む)の方が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度に入ってからの話なのですが、うちの教育体系をいい意味でぶっ壊すべく、少数精鋭の改善チームが結成されまして、有り難いことに、私もその中の一人に選んで頂けました。

 

 

 

今年度上期は、コロナの影響(はあまり理由にしたくありませんが、、、)もあったり、個々の障害もあり、結果として形に残る成果を残すことができない苦しいシーズンとなったのですが、改めて下半期で絶対に結果を残すという決意表明をチーム全員で交わしたのがここ数日の出来事です。

 

 

 

私自身、先月から今月にかけてあれやこれやと仕事が舞い込んできたり、会社が良くなるためと信じて自分の守備範囲を有に超えて血ヘド吐きながらも爪痕を残したりと、、、結構しんどい日々を過ごしてき(ことにより、柄にもなくこの2ヶ月で2回も遅刻してしまいました。。。)たのですが、こういうチーム全体が本気に包まれていると、ぶっちゃけて、生き返るんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、中途半端な気持ちで仕事と向き合ってる人に本気を伝えても、パっとしないリアクションをされたり、酷いケースではあんたのためにやってるのに、他人事で『応援してるね』なんてことも言われてしまう始末。

 

もちろん、直接手伝うことはできないけれども成功を願ってるという意味でエールを送って頂けることは死ぬほど嬉しいのですが、『そうじゃねぇだろ!』ってリアクションしたくなることは割と良くあります。笑

 

私自身、本気のスタンスを表に出すことは『嫌われること』だなんて微塵にも思ってないし、世間でも有名になった[嫌われる勇気]という言葉は、そんな安請け合いなときに使う言葉ではないと思ってます。

 

 

 

ですので、

 

絶対に自分の本気は曲げない。

 

本気が伝わるまで本気を貫く。

 

本気が伝わったら死ぬほど良いことがあるからそれを信じて本気を貫く。

 

ことを毎日心がけてます。

 

 

 

 

今日も、小さなことではあるのですが、ずっとずっと伝え続けて伝わらなかったことが、いろんな方の力を借りて、私も成長して伝える力を身に着けて、結果的に伝えたかった相手に思いが通じた、という出来事がありました。

 

 

 

 

きっとこの小さな積み重ねが、私の人生の糧になることを信じて、明日は明日で『バレエ』頑張ってきますね。

 

 

 

 

このブログをご覧いただき、少しでも共感頂けましたら、うんまぁもう共感してもらえなくてもいいです。笑 少しでも共感頂けたみなさんと、輪を作って日本を盛り上げていきたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

 

 

 

隅田