MENU

【バレエの話】ハッキリ言って調子が悪い。そんなときだからこそ考えることは『学ぶこと』です。

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

今日のタイトルは、

【バレエの話】ハッキリ言って調子が悪い。そんなときだからこそ考えることは『学ぶこと』です。

 

でございます。

※タイトルというほどカッコついてませんが。。。笑

 

 

 

こんなこと言ってますが、来週に名古屋で本番を控えている中で、最近はなかなか調子が上がらない日々でございます。

 

バレエのテクニックって本当に繊細で、体重の変化だったり、少しでも疲れや筋肉痛、ダルさによって身体が傾いたりすると、バランスが取れなくなったりするんですよ。

私は男性の踊りで飛んだり跳ねたり回ったりしますから、少しの調子の悪さでどっかにジャンプがぶっ飛んで行ったりするわけですね。笑

 

 

 

今日も「なんだかなぁ」と自分の身体と向き合っていたのですが、先生からのご助言もあり、やっぱり調子が悪いときの攻略法、立ち回りをもっと学ぶべきだと感じました。

 

 

細かい話をしてもあまりにマニアックな話なので割愛しますが、ザックリ言うと、基本に返って簡単なことから感覚を取り戻していく、という攻略法ですね。

 

 

バレエもテレビで見るような男性のテクニックはとても優雅で大胆でかっこいいものですが、基本の基本は皆同じだと思ってます。

 

 

正直調子が悪いときは良くなることを待ったり、寝たら良くなるだろうと目を背けることも未だにありますが、大人になるほど、何かを待ってチャンスをつかめるほどそんないい話は年々無くなってきているなと自ら実感しております。苦笑

 

 

それってバレエに限らず日常を通しても同じような話につながるかと思いますが、やっぱりどんなときもある一定の調子をコントロールできる方が最強なんだなと。

 

 

 

私自身、中学高校時代に水泳に心臓を捧げて頑張っておりましたが、その時お世話になったコーチが度々仰っていたのが『地力』という言葉でした。

 

 

 

当時は当時の自分なりに解釈して吸収できていたつもりでしたが、大人になるほど熟して解釈されるというのもすごく不思議だなと感じました。当時はとてもしんどかったけど。

 

今思うと、そんなアドバイスを10代の頃に頂ける環境で過ごせていたのは本当に恵まれていたなぁと思います。本当にしんどかったけど。笑

 

 

 

明日はオフ日(仕事はあります)ですが、ちょっと身体のバランスを整えるトレーニングを取り入れようと思います。

 

 

それでは今日はこのへんで!

 

本日も読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

 

 

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

今日という一日に、ありがとう。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

 

 

 

 

 

隅田