MENU

(講師目線)研修実施前にやっておくといいと感じたこと3選 ~事前準備編~

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルですが、

 

(講師目線)研修実施前にやっておくといいと感じたこと

 

 

ということについて纏めていきたいと思います。

 

 

 

 

私自身、社内の研修機会(講師として)を頂く機会があれば、最近は組合であったり、プライベートであったり、講師としての活動範囲が少しづつ広がりつつある状況です。

(本当に有難い限りです。。。)

 

 

そういった経験と、あとは実際にオブザーバーでの受講経験を踏まえ、今日は「こういうことをしたらもっといい研修になる」ということ3選を紹介させて頂きます♪

 

 

 

 

=========================================================

 

 

1.受講者に対して事前アンケートを取る。

 

これ、かなり重要だと思ってます!

受講者の状況であったり環境にもよりますが、相手の情報、ニーズを予め把握しておくことで、研修中の言葉選びだったり、研修の運び方(ペース配分)であったりが、かなりスムーズに展開できることは間違いないのかなと感じます。

あまり研修中に「こういった経験はあるか?」「あっないんですね。。。」みたいな探り探りの時間が続いてしまうと、ハッキリ言ってグダります。。。受講者に対して無意識のうちにマウントを取ってしまいかねないということもあるので、是非ともご検討ください。

 

 

 

 

 

2.資料の事前配布を行う。

 

これはもう当たり前といってもいいのかもしれませんが、受講者としても、自分の時間を割いて研修に臨んでくれるわけで、受講者目線でもモチベイティブな方ほど準備に時間を使います。そういった中で資料が事前に配布されないとなると、正直言って、開始前から信頼関係がマイナススタート、、、なんてこともあったりするのでご参考ください。

 

 

 

 

 

 

3.シミュレーションをやっておく。

 

まさに原点にして頂点かもしれません。

最近感じたことなのですが、受講者に対して安心して学ぶことに集中させてあげるもっともいい手段は、講師に余裕がある(≒自信がある)ことなのかなと感じております。

この予行練習についてはあまり長くは語りませんが、少なくとも一連の流れをどのような時間配分で構成するのか、体力のペース配分はどうするのか、そういった全体感を予め計画しておくことはマストかと感じます。

 

=========================================================

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

基本的には私の実体験に基づき記載させて頂きましたが、少しでも参考になればうれしい限りです。

 

 

今現在、こういったビジネススキルであったり、病気の経験であったり、講演会などを開いていろんな方に伝えていきたいという目標があります。

 

 

もし、このブログを読まれた方でそういったことを実施してほしい、というようなご意見を頂けましたら、ゼロベースでも何か提供ができないか考えるきっかけにしたいと感じておりますので、コメントでもツイッターでも、どしどしご意見頂けたらうれしいです!!

 

 

 

 

 

 

ツイッターアカウントは「 @wiper_chan_SALi」をフォローしてください☆

 

 

 

 

 

それでは、本日はここまで。ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日という一日に、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

隅田