MENU

どれだけ便利な世の中でも、感謝の気持ちは『言葉』や『形』で伝えたい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

おばたのお兄さんに似てるとよくいわれます、隅田です。

 

 

 

まずはこの動画をご覧いただけますでしょうか。

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は『母の日』ですね。

 

 

この動画は、私の友人が教えてくれたものなのですが、私自身、動画を見終わったときにはいろんな感情が湧き出てきました。

 

このブログを読んでくださった皆さんも、皆さんの歩んできた人生によってこの動画への感じ方も異なることかと思います。

ご自身のお母さんを思い出した人もいれば、お子さんができ母親となったご自身を想像した方もいるかもしれません。

 

あまりここで私自身が感じたことを書いてしまうと、せっかくみなさんが動画を見て感じたことを、場合によっては濁してしまいかねませんので割愛しますが、私は母親がいなかったら、たぶん生きることを諦めてた、、、かなぁと今でこそ感じます。

 

 

 

 

 

当たり前のように学校にも行くことができました。

 

いろいろな習い事も経験させてくれました

特に、バレエに水泳、同時に二つも通い続けるなんて、今考えてもどれだけ支えてもらっていたんだろうと思います。

 

社会人になって独り暮らしを経験し、改めて支えられていたことを痛感しました。

 

そういえば、「ありがとう」って言葉を教えてくれたのも、おかんやったなぁ、と。

 

 

 

 

 

「ありがとう」という言葉は、本人に直接伝えなくても、伝わること、伝わっていることって意外とあったりしますが、私自身、感謝の気持ちは『言葉』で伝えることを大事にしています。

 

今までありがとうを言いそびれて後悔したこともありました。

それもまた、母親に対してそれをやってしまうんですよね。

習い事を車で送り迎えしてくれた時や、練習帰りで夜遅くにも関わらず夜ご飯を作ってくれた時など、どんだけ世話になっていたんだろうって思います。疲れていたり、少しイラついていたりすると、つい言い忘れてしまうことってみなさんも過去には一度くらいあったと思います。

 

今は本当に便利な世の中で、ありがとうとラインで文字を打ち込んだら該当するスタンプがポンポンと出てくる世の中です。

もちろん私もこの類のスタンプはかなり活用していますが、多様しすぎることで、『言葉』で伝わる思いや幸福度を忘れないでほしいなと思います。

 

感謝の気持ちを持つことで、当たり前のことが当たり前でないことに気が付けたり、相手を思いやる気持ちを持てたり、前向きにもなれたりします。

 

まだ今日という一日は残っておりますので、このブログを読んでくださった方で、なにかのきっかけにつなげて頂けたら幸いです。

 

ちなみに私は、おかんにSABONのボディスクラブをプレゼントしました。実家で一緒に暮らす姉と一緒に疲れた身体を癒してくれという思いを込めて贈りました。我ながら女子力高いと自負しております。

 

 

 

ここまで読んで下さった皆さん、ありがとうございました。

 

 

今日という一日に、ありがとう。

 

おかん、いつもほんまにありがとう。

 

 

 

隅田